クラウド会計ソフト対応

クラウド会計ソフトで
経理業務・経営を効率化!

最近のトレンドとして「マネーフォワード(MFクラウド会計)」や「freee」「弥生会計オンライン」等のクラウド会計ソフトが注目されています。

従来は一般的に、会計業務を行う社員のパソコンに「弥生会計(デスクトップアプリ)」や「勘定奉行」などをインストールし、作成した仕訳データを ハードディスク上に保存して帳簿を作成していました。

クラウド会計は、これまでパソコンの専用ソフトで行っていた会計処理を、インターネットの「クラウド」上で処理・データ保管することによりいつでもどこでも同じデータにアクセスすることが可能です。パソコンへのインストール不要で、ソフトは常に最新版に保たれます。データは自動バックアップで安心です。

クラウド会計ソフト

クラウド会計ソフトのメリット

  1. 面倒な入力は自動化 銀行明細、クレジットカードなどの取引データを自動取込・自動仕訳。入力を効率化し手間を削減します。
    飲食業や販売など現場が忙しい場合、レジを選ぶと省力化できます。
  2. ソフトの管理が簡単 インターネットに繋がっていれば、WindowsでもMacでも使えます。法令・税制改正は自動アップデート。
    常に最新バージョンを使用できます。専用サーバー・ソフトの購入が必要ないので初期費用が安く抑えられています。
  3. 場所を選ばない 自宅でも、職場でも、パソコンでもタブレット・スマホでも利用が可能なのがクラウドソフトの特徴です。
    外出先からでも数字をタイムリーに確認したり、スキマ時間に入力ができます。

クラウド会計ソフトのデメリット

  • パッケージソフト購入よりも年間で費用が高くつく場合があります
  • 開発途上のソフトのため作りこみに甘さが見られことも
  • インターネットを介すため入力速度に不満が出る方もいます
  • 初めてだとコツがわからず意外と難しい
  • 古い会計事務所からはクラウド会計ソフトでの対応を断られるケースもあります

コンサルタント 西山希

まずはそれぞれの会計ソフトの特徴を知って、自社にあった形態をイメージしましょう!

会計ソフトの比較

ベンチャーパートナーズではスタートアップから中規模企業まで、経理状況に合わせて会計ソフトをご紹介しております。
経理は初めての方も、顧問契約後は私たちがサポートいたしますのでご安心ください。
また、経理事務に時間や雇用のコストをかけたくない方はベンチャーパートナーズの経理・記帳代行サービス もご利用いただけます。

スタートアップで気軽に

クラウド会計

メリット

  • パソコンにインストール不要
  • バージョンアップ無料
  • 経理初心者でも使いやすい
  • 預金等取引を自動取得

デメリット

  • 経理経験者は使いにくさを感じる
  • インターネット接続がないと使えない
  • 大量の伝票入力には向かない
  • セキュリティ管理が不安

こんな方におすすめ

  • 経理はまだ初心者
  • 一人法人などの小規模企業でやっていく
  • 得意先・仕入れ先はほぼ固定
クラウド会計

安定の品質と実績のある

従来型
(パソコンインストール型)

メリット

  • 簿記の知識があれば使いやすい
  • データはパソコン内のため管理が安心
  • 安定した品質と正確さがある

デメリット

  • バージョンアップ有料
  • 預金取引などの自動取得はできない
  • パソコンやサーバーなどの導入費用がある

こんな方におすすめ

  • 一定規模まで成長予定の会社
  • 経理経験者が社内にいる
  • キーボード操作での記帳に慣れている
パソコンインストール型

経理は会計事務所に丸投げ

経理代行サービス
の利用

メリット

  • 事務負担を軽減し、本業に集中できる
  • プロが正しい処理方法で帳簿を作成する
  • 経理担当者を雇用する経費を削減!

デメリット

  • 会計事務所に預けた資料を必要なタイミングで見ることができないケースがある
  • 経営状況の数字の確認にタイムラグがある
  • 会計事務所のサービス料金発生

こんな方におすすめ

  • 社長一人で経理業務をする時間がない!
  • 経理担当者を雇用するコストを減らしたい
  • 正確でスピーディな経理処理を求める
記帳代行サービス

ご相談は何度でも無料です。
お電話は毎日22:00まで受付中!

新橋・汐留事務所【新橋駅/汐留駅から4分】

0120-934-740

新宿事務所【新宿三丁目駅から4分】

0120-971-054
メールで無料相談の申込み
専門スタッフより1営業日以内にご連絡します